得られる収入とアパート経営に必要な資格

   

アパート経営は比較的安定した収入が見込める事業です。そのため、これまで経営をしたことの無い初心者でも参入しやすい事業として注目されています。利回りによっては一定の収入が見込めるので、老後の生活費にあてることもできます。必要な資格は特に無く、資金さえあれば誰もが参入することができます。比較的リスクが少ないものの、まったく無いわけではありません。
事業を始める前には収支計算を行い、一定の収益があることを確認する必要があります。事業に関わるリスクとしては入居率があります。入居者が所定の率に達しないと、利益の確保が難しくなります。始める前には立地の良さを確認し、安定した収入が得られるようにする必要があります。入居率が一定に経過すれば経営全体が安定し、長期的な収益が見込めます。

事業前に必要な収支計算による事業性の確認

アパート経営を他人任せにするのは好ましくありません。事業を始めるには収支計算を行い、事業性があることを確認する必要があります。収支計算では家賃の設定と入居率の選定が大切です。家賃は周辺の競合物件とかけ離れない価格に設定することが必要です。入居率は安全を見て、低めに設定しておくのがポイントです。費用のほとんどは建築費です。建築費をいかに抑えるかが事業の成否を左右します。
さらに、建築費の他にも諸経費がかかります。諸経費には税金や保険、登記費用などが含まれます。近隣から苦情が出た場合の近隣対策費も見込んでおく必要があります。諸経費は建築費の2割弱を見込んでおく必要があります。通常の事業は銀行等からの借り入れによって行われます。安い金利で資金を確保することも事業にとっては大切です。

物件の価値を高めて入居率を確保する方法

アパート経営は、いかに人気のある物件をつくるかが重要です。そのために必要なものは良い立地です。入居者が安定的に見込める場所で事業を行うことが大切です。立地の中でも最寄り駅までの距離が重要です。最寄り駅までの距離が近ければ、将来においても一定の需要が見込めます。物件は消費者のニーズを捉えたものでなければなりません。
周辺のニーズが単身者向けなのか家族向けなのかを判断し、住室のタイプを決めることが大切です。
建物は地震に強い丈夫なものでなければなりません。最近の消費者は物件の耐震性を重視しています。さらに防火性や防音性など、安全と居住性を重視した物件が求められます。
物件は定期的なメンテナンスが欠かせません。入居希望者は建物の外観も気にします。建物が古くなったら、リフォームにより新しく見せる工夫も必要です。