必要な資金と得られる収入を知りたいアパート経営

   

老後の為に資金を蓄えたいと考えたら、働ける若い内に不動産経営を検討してみると良いです。不動産経営の目的は、土地や建物を活用して継続的な収入を得られるようにすることです。土地だったらアスファルトで埋めて駐車場にしたり、建物だったらコインランドリーにしたり、様々な手段で土地や建物を収益化することができます。
不動産経営は魅力的ですが、初心者が1人で行動を起こすのは大変です。そこで利用したいのが不動産経営会社です。この会社は利用者の相談に乗って土地選びから建物の建設をサポートしてくれます。建物の完成後は入居者の管理やメンテナンスなどの業務をバックアップしてくれます。このように、初心者でも協力してくれる存在がいれば安心して不動産経営を始められます。

不動産経営に必要な資金はいくら?

不動産経営を始める場合、土地や建物の費用は基本的にローンを組んで支払います。ローンで借りられる金額は利用者の年収と借り入れ期間で変動します。アパート経営を考えている場合、土地や建物に掛かる費用は最低でも2000万円以上です。この金額を借りるには年収400万から500万円くらい必要になり、借り入れ期間は25年前後が目安になります。
さらにアパート完成後の経営でもお金が掛かることがあります。建物の経営には修繕費の積立や定期メンテナンスなどの必要経費が発生します。この必要経費を支払えるように、自己資産は100万から200万円以上持っていると安心できます。ローンは不動産収入で返済していくことになります。経営が順調で黒字になっているなら、必要経費をここから支払っても良いでしょう。

不動産経営の収益はどのくらい?

不動産の収益化で得られる収入は様々な要因で変動します。例えば、アパート経営は入居者率と1ヶ月の賃貸料金によって得られる家賃が変動します。アパートは空室の無い状態が家賃の最大効率となります。これに近い状態を維持し続けることが出来れば、安定して高い収益率を実現できます。個人で経営するアパートなら入居者率は最低7割以上キープ出来れば安定していると言えます。不動産経営会社と協力していれば、空室対策の効果で9割以上の入居者率をキープできます。
とにかく入居者が欲しい賃貸アパートは、不動産経営会社と協力した方が良い結果が出ます。不動産経営会社に支払う手数料を差し引いても十分な収益を得られます。家賃集金やクレーム処理などの管理業務を請け負ってくれるので、協力してもらうメリットの方が大きいと言えます。