アパート経営の収入は不労所得

   

不動産投資の一つでもあるアパート経営は、高額なアパートを購入して経営を行う、アパートの大家さんになるなどの特徴を持っています。物件を購入する時には高額な費用を使う事になります。頭金だけでは全額賄う事が出来ないなどからも、ローンを利用して物件を購入し、アパート1棟の大家さんになれるわけです。
大家さんになると、部屋数分の家賃を収入として得る事が出来ます。これは働かないで得る事が出来る不労所得と呼んでいるものです。入居者がいる時には毎月家賃が手元に入る、働かないで得るものなので怠け者などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、経営の中にはローン返済や入居者の募集、未入居の状態を出来るだけ少なくするための空室対策など、様々な仕事をしなければならないのです。

アパートの大家さんはやる事が意外と多い

不労所得は働かないで所得を得る事ですが、不動産投資の一つでもあるアパート経営は家賃と言う収入を毎月得る事が出来る、しかも不労所得を得られるメリットがあります。しかし、アパートの大家さんは住民同士のトラブルを解決する、家賃を滞納する入居者がいる場合には家賃の回収を行う必要があります。さらに、退去した後は部屋のハウスクリーニングなどの業者を選んで、次の入居者のための掃除やリフォームなどの手配をするなどの仕事が待っています。
土地は自らの持ち物などからも、夏時期には草むしりをしなければなりません。設備が故障した時には修理会社に連絡をするなど、スポット的な仕事が多いのが特徴です。意外とやる事が多いため、働かないで稼ぐ事が出来るわけではありませんし、ローンを利用してる場合には返済の事も考える必要性もあるわけです。

管理会社に委託をする事は空室対策にも効果抜群

アパート経営は不労所得を持つ事が出来るメリットを持ちますが、家賃の収入は全額手元に残るものではなく、ローンの支払いがあれば返済に充当しなければなりません。また、入居者の募集なども不動産会社に協力を委ねるなど色々な仕事をする必要があるわけです。
最近では管理を専門の会社に委託を行い、アパートを使った不動産投資を行う人も多くなっています。管理を専門に行う会社では、大家さんに代わって様々な業務を代行してくれるので、初めてアパートの経営を始める人にとっても役立つ存在になってくれます。中でも退去者が出た後のハウスクリーニングやリフォームの手配、入居者の募集などを自分の代わりに行って貰えるので安心して経営を進める事が出来ますし、空室対策も管理会社が代わりに行ってくれます。

10周年目を向かえ、創立時期より10年連続増収増益を達成しました。 販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 若いOLの方が住みやすいように設計されているので、入居率が99%を超える安心安定の不動産投資です。 実際に経営されているオーナー様方からいただいた生の声をHPにて掲載しております。 アイケンジャパンの資料・DVDを無料でご覧いただけます。 アパート経営で収入を得たい方へ